男のカンジダにラミシールが良いのか?ファンガクリームが良いのか?

男性器は女性器に比べると外に出てる部分なので、蒸れによるトラブルはないと思われがちですが、免疫力が低下している場合は、包茎の包皮が重なった部分などに「カンジダ菌(真菌)」や「細菌」が繁殖して、「男性カンジダ性亀頭包皮炎」や「細菌性亀頭包皮炎」になってしまうこともあります。

 

この記事では、亀頭包皮炎を自宅で自分で治すためのクリームのご紹介もしています。

 

亀頭包皮炎は性行為なしでも起こる

 

男性器のトラブルは、陰茎がん、尖圭コンジローマ、亀頭包茎炎、いんきんたむしなどがあります。そのトラブルの中でも性行為ありなしに関わらず感染するのが、男性カンジダ性亀頭包茎炎や細菌性亀頭包皮炎です。

 

亀頭包皮炎は、原因菌によって亀頭や包皮に感染し炎症がおこる病気です。

 

 

カンジダとは?

 

カンジダはカビの一種で真菌です。酵母菌の仲間であり、悪玉菌として体内にいる常在菌です。常に体内にいても数が少なければ悪さはしませんが、繁殖するとカンジダとして症状が出ます。

 

カンジダ菌(真菌)が原因で亀頭や包皮に炎症を起こしてるなら「カンジダ性亀頭包茎炎」となりますし、カンジダではなく他の細菌が原因だと「細菌性亀頭包茎炎」となります。

原因菌によって使用する薬やクリームが異なります。

 

治すには「原因菌を殺菌」することが必要です。

 

 

カンジダの原因とは?

 

カンジダ菌が増殖してしまうのは、性行為でカンジダ菌をもらうのが1つの原因です。女性器は奥まってるため、蒸れて男性より膣カンジダになりやすい傾向があります。女性がカンジダになり、性行為によって男性カンジダ性亀頭包茎炎になる場合もありますし、男性がカンジダで女性に感染させる場合もあります。

 

もう1つの原因が、免疫力の低下です。風邪や疲れなどで善玉菌が減り、悪玉菌が増えるなど菌のバランスが崩れるとカンジダ菌が繁殖しやすくなります。また、抗生物質を使用すると細菌が減るため、真菌であるカンジダが繁殖しやすくなります。

 

性行為があるなしに関わらず、カンジダはカビなのでジメジメした場所を好みます。通常は問題ありませんが免疫力が低下している場合の人が包茎の場合、亀頭が皮に隠れているので蒸れやすくなりますし、汗や尿、精子などが亀頭に付いたままパンツを履いてると不衛生でカンジダが好む環境になります。

 

免疫力が高ければ、包茎でも亀頭包皮炎にはなりにくいでしょう。

 

また、通常の石鹸だと性器を洗い過ぎてばい菌だけ洗い流されてしまい、カンジダが繁殖しやすくなったなどもカンジダの原因です。

原因菌を殺菌して、免疫力を高めて再発予防しよう!

 

→ 正規品ファンガクリームの詳細
(天然成分でカンジダ・細菌両方殺菌)

 

 

カンジダの症状は?

 

カンジダ性亀頭包茎炎になると、亀頭の付け根が赤く腫れる、発疹、ただれる、水ぶくれになる、乾燥する、痛みを感じるなどが症状として出てきます。なかには乾燥からあかぎれを起こすなどの症状も出てきますし、排尿痛を感じる場合もあります。

 

また、亀頭にジュクジュク湿った白いカスが付き、亀頭が乾燥するとそれがカスがポロポロ落ちるなども症状にあります。痛みや痒みは軽度重度あり、乾燥から下着と性器が擦れてヒリヒリする場合もあります。

 

これらの症状が性器に現れたら、男性カンジダ性亀頭包皮炎の可能性があります。

 

カンジダは自然治癒できる?

 

カンジダは男性だと軽度で終わる可能性はありますが、なかなか自然治癒するのは難しい症状です。なぜなら、カンジダは皮膚に根を張って症状が収まったとしても根本的に治すのが難しいからです。

 

悪玉菌として体内にいる(腸内を根城にしている)ことからも、疲れなどから簡単に再発します。再発を度々してしまう人も多く、カンジダになってしまったら気は抜けません。

 

また、自然治癒を期待してしまうと悪化して尿道炎になるリスクもあるため、軽めの症状のうちに対処した方が良いのは明らかです。幸い、男性は女性に比べてカンジダの症状が軽めなので早いうちの対処で簡単に治りやすいのです。

 

カンジダに効く薬は?

 

カンジダが男性器にできてしまった場合、性病科や泌尿器科で診察をしてもらいます。その時に処方されるのが抗真菌の薬です。抗生物質は細菌向けの薬なのでカンジダ向けではありませんが、赤みなど皮膚の症状によっては抗生物質の飲み薬や塗り薬が処方される場合もありますし、ステロイドの薬を処方される場合もあります。

 

医師に行く時間がない、医師に性器を見せるのが恥ずかしいなどの理由で自宅でカンジダを治したい場合は、抗真菌の塗り薬や天然成分のクリームを利用して治していきます。

 

塗り薬ならばとりあえずなんでも良いのでは?と、家庭に置いてある人も多いオロナインは塗ってはいけません。オロナインは細菌が原因の亀頭包皮炎ならば効果がある可能性はありますが、カンジダには効きません。オロナインは抗菌効果はあるのですが、真菌には効果がないからです。

 

細菌はそのDNAがそのまま細胞の中に存在しますが、真菌はDNAが膜に包まれています。真菌も細菌も名前は似ていますが、構造は全く別なので真菌は真菌のための薬が必要なのです。

 

 

→ 正規品ファンガクリームの詳細
(天然成分でカンジダ・細菌両方殺菌)

 

 

ラミシールとは?

 

ラミシールは真菌を対処するための薬です。テルビナフィン塩酸塩と聞いた事がある人もいるかと思いますが、それはラミシールの成分名です。ラミシールは真菌の代謝酵素を阻害します。塗り薬、飲み薬、スプレーなど色んな形態で存在します。

 

そして、ラミシールは水虫やいんきんたむしなど幅広いトラブルに対処できるのが特徴です。爪や皮膚の奥に水虫ができていれば飲み薬で対処するなど、患部の場所によって薬の使い分けができます。

 

つまり、患部が男性器であっても爪であっても、足であったとしてもラミシールは真菌ならば利用できる薬です。そして、患部の場所によって最適な形状が選べます。

 

おすすめは、ラミシールより、ロテュリミンAF、ロテュリミンAFより、ファンガクリームです。

 

ラミシールの副作用はある?

 

ラミシールの副作用は、飲み薬を含めて胃の不快感や腹痛、発熱、下痢、吐き気、じんましん、浮腫みなど様々です。薬なので、処方されていない一般的な薬でも体に合う、合わないはあります。これらの副作用はあっても軽度ですが、まれに重症化する場合があります。

 

胃が弱い、アレルギーを持ってる、腸が敏感など、気になる事があれば医師に相談してから使用するのがお勧めです。また、胃腸薬、抗うつ剤、結核薬、免疫抑制剤など他の薬を使用してる人は、医師に相談してからラミシールを使用するようにしましょう。

 

 

お勧めのラミシールとは

 

ラミシールの薬は色々と発売されていますが、男性カンジダ性亀頭包皮炎に悩む人にお勧めなのが塗り薬です。飲み薬は薬が塗れない場所向けですし、スプレーだとデリケートな男性器だと刺激を感じてしまう可能性もあるからです。

 

市販の塗り薬でお勧めなのが、通販サイトであるビューティーアンドヘルスリサーチで購入できるラミシールクリーム軟膏です。アメリカ製のラミシール薬です。お勧めの理由は、日本のラミシール製品よりも安くてたくさんの量だからです。

 

先にも書いたように、カンジダは皮膚に根を張って再発しやすいのが特徴です。そのため、治っても再発に備えてラミシールを用意しておくべきですし、しっかりと根を張ったカンジダを退治するには長期間のラミシール塗布が大切だからです。

 

肌は古くなれば剥がれ落ちます。そして奥にある新しい皮膚に生まれ変わります。カンジダは皮膚の奥に根付くので、皮膚の生まれ変わりで菌が表面に出てきた時にまた再発する可能性があります。皮膚のターンオーバーは約1ヶ月かかるため、その間はラミシールを塗ってカンジダ菌が表面に出てきても悪さをしないようにするのが、カンジダ完治のコツです。

 

だからこそ、ラミシールは内容量が多い方が良いのです。また、シャワーを浴びてラミシールが洗い流されてしまったらまたクリームを塗るようにし、ラミシールが24時間、皮膚に塗ってある状態をキープするのもポイントです。ラミシールは真菌の代謝酵素を阻害するため、息を付く暇なく代謝が阻害されてる方が早く治ります。

 

ラミシールクリーム軟膏は液ではないので汗に強いのですが、汗をかけば蒸れてカンジダが繁殖しやすくなってしまうので、通気性が良い下着でいる、汗をかいたらシャワーで軽く流すなども完治と再発防止のポイントです。

 

ラミシールやロテュリミンAFよりもすごい「ファンガクリーム」は天然成分で安心して使用できます。

 

 

ラミシールクリーム軟膏の値段は?

 

ビューティーアンドヘルスリサーチで購入できるラミシールクリーム軟膏の値段は、30グラムのラミシールが2本で3960円です。1本1980円で、1グラムあたり66円です。1回の使用量目安は1グラムなので、1本で30回塗れます。1日2回塗るとしたら、1本で半月、2本で1ヶ月分です。

 

アメリカ製のラミシールがこの値段に対し、日本で売られてるあるラミシール商品は1本10グラムで割引価格、930円です。1グラムあたり93円なので、ラミシールクリーム軟膏の1グラム66円より値段が高いです。また、10グラムだと10回分ぐらいしかなく、カンジダを完治する前に1本を使い切ってしまいます。この比較から、ラミシールクリーム軟膏が安くてたくさんの量があり、カンジダを完治させるためにピッタリなのが分かりますよね。

 

ちなみに、ラミシールクリーム軟膏はアメリカ製なので日本のドラッグストアで購入できるという情報はありませんでした。大手ドラッグストアのマツキヨキヨシのネット通販でさえなく、楽天、Amazon、ヤフーショッピングの大手通販サイトにもなしです。日本製のラミシールはありますが、アメリカ製のラミシールクリーム軟膏はビューティーアンドヘルスリサーチでのみ購入できます。

 

ラミシールを塗る時のポイントは?

 

カンジダを早く治すためには、1日に2回の塗布をする事、シャワーの後は塗布する事、1ヶ月間はラミシールを塗る事の3点がポイントだとすでにお伝えしました。この3点と共に大事なのが、患部よりも少し広い範囲にラミシールを塗る事です。これは、カンジダの症状が出ていない部分でもカンジダ菌は根付いてる可能性があるからです。ラミシールで患部のカンジダ菌を死滅させても、その近くのカンジダ菌が繁殖してしまえば再発に繋がります。完治するためには、クリームを少し広めに塗りましょう。

 

 

ラミシールよりカンジダ向けの薬は?

 

ラミシールは真菌に幅広く利用できるクリームで、真菌が原因のトラブルならばまずは頼りたい薬です。しかし、実はラミシールよりもカンジダに特化した薬があるのです。それがロテュリミンAFです。こちらもビューティーアンドヘルスリサーチから購入できる薬で、このサイトではラミシールをいんきんたむし専用、ロテュリミンAFをカンジダ専用としています。ラミシールよりも値段は高めですが、口コミではロテュリミンAFでカンジダが治ったと喜ぶ人が多数います。

現在は、ビューティーアンドヘルスリサーチからロテュリミンAFの購入は出来ません。

ロテュリミンAFを超えた天然成分ファンガクリームはカンジダ菌(真菌)だけではなく細菌も殺菌してくれます。現時点で自宅で自分で亀頭包皮炎を治すなら「ファンガクリーム」が1番良いでしょう。

 

 

ロテュリミンAFはどんな薬?

 

ロテュリミンAFに配合されてるのは、クロトリマゾールです。エンペシドと聞いた事がある人は、それはクロトリマゾールの商品名です。クロトリマゾールは細胞の植物性細胞膜が生合成されるのを阻害し、真菌そのものが成長するのを抑制します。クロトリマゾールは軟膏、クリーム、液体の3種類があり、ロテュリミンAFは幅広く利用できるクリームです。ビューティーアンドヘルスリサーチではカンジダ性亀頭包皮炎専用としていますが、カンジダに特化していると言うだけであり、水虫やいんきんたむしなどの他の真菌にも利用できます。

 

 

ロテュリミンAFの副作用は?

 

クロトリマゾールは塗り薬であり、副作用が少ないのがメリットです。しかし、水虫の薬でかぶれなどの皮膚トラブルを起こした事がある人は、念のため医師に相談して利用しましょう。また、ラミシールと同様に皮膚に合う、合わないがあるため、皮膚が弱い人はかぶれなどのトラブルに注意しましょう。ロテュリミンAFを使って皮膚トラブルに合った人はインターネット上で見つかりませんが、肌が弱いならば少しずつ使っていくのが安全です。

 

 

ロテュリミンAFの値段は?どこで買える?

 

ロテュリミンAFはドクターズチョイスだと12グラムで6800円です。こちらもラミシール同様、アメリカ製なので日本のドラッグストアでは購入できません。日本の通販サイトだと、ヤフーショッピングとBUYMA(バイマ、個人で出品できるサイト)で購入できます。Amazonと楽天はロテュリミンAFの取り扱いがなしです。

 

ヤフーショッピングだと2500円、BUYMAだと1980円でロテュリミンAFは購入できますが、正規販売店はビューティーアンドヘルスリサーチなので、間違いなく正規品を購入したい人はビューティーアンドヘルスリサーチでの購入をお勧めします。また、ビューティーアンドヘルスリサーチから購入すると日本語の取り扱い説明書が梱包サれています。(他のサイトでの購入は、日本語の取り扱い説明書があるかは不明)

 

ロテュリミンAFの口コミは?

 

ドラッストアへ購入に行くのが恥ずかしかったので、通販で購入できるロテュリミンAFを購入しました。痒みは3〜4日で軽くなり、赤みは1週間で引きました。

 

カンジ再発により、ロテュリミンAFを利用しています。以前もこの商品を使っていたので、またお世話になってます。

 

今使ってる薬よりも良い薬を探していて、こちらを購入しました。塗布4日目から良くなって着てます。 

 

カンジダ再発で利用しています。みるみるうちに良くなっていき、嬉しいです。

 

1週間で治りました。

 

3日で良くなりました。

 

ここまでの効果は期待してなかったけど、すぐに効き目が現れて良いです。

 

ネットで評判だったので購入しました。

 

ビューティーアンドヘルスリサーチの口コミでは、塗布から1週間以内で効果が現れてきたとの口コミが多いです。カンジダに特化してるからか、即効性があるのがロテュリミンAFのメリットだと口コミから分かります。

 

ロテュリミンAFはどのぐらい塗り続けるべき?

 

ロテュリミンAFはカンジダに即効性がありますが、たとえ1週間で症状が回復してもラミシール同様に1ヶ月間は塗布するのがお勧めです。理由はラミシールと同じで、カンジダが皮膚の奥に根付いてる可能性があるからです。皮膚のターンオーバーまで1ヶ月かかるため、ロテュリミンAFも塗り続けて皮膚の奥にいるカンジダが皮膚の表面で悪さをしないように予防します。また、ラミシール同様に患部より広い範囲に塗る事、シャワーを浴びたら塗り治す事、1日に2回塗る事がカンジダ完治のポイントです。ロテュリミンAFは内容量が12グラムとラミシールよりも少ないため、長期的に仕様するために2本まとめて購入しておくのがお勧めです。ビューティーアンドヘルスリサーチでは1万円以上の購入で送料が無料になるため、2本まとめて買えば送料無料になります。

 

自宅でカンジダを治すメリットとデメリット

 

泌尿器科と性病科で受診して男性カンジダ性亀頭包皮炎を治療する場合、自分に合った最適な薬が処方されます。医師が肌を見て、ステロイドを処方する、抗生物質を処方するなど真菌以外の薬をくれる場合もあり、なんの薬を選べば良いか迷う必要はありません。しかし、病院に行く時間がない、患部を見せるのはヤダ、家族や知人に知られたくないなどの理由で、病院に行きたくない時は自宅で市販薬を塗った方がメリットは大きいです。しかし、自宅で治癒となると本当にカンジダが原因の包皮炎なのか確証がない、最適な薬を見つける手間があるなどのデメリットもあります。カンジダが原因の亀頭包皮炎ではない場合、ロテュリミンAFは効くとは限りません。口コミでは1週間以内に症状が緩和された人が多いため、1週間経っても何にも変化がない場合は医師へ受診しましょう。

 

カンジダのためのソープ

 

ビューティーアンドヘルスリサーチでカンジダになった人がクリームと一緒に良く買ってるのが、ファンガソープEXです。患部を洗うソープで、通常の石鹸では洗い流せない真菌を洗い流す役割があります。ここで誤解されがちなのが、カンジダは洗って流せると認識されがちな点です。実は細菌はソープで洗い流せますが、カビである真菌は一般的なソープでは洗い流せません。

 

お風呂場など水場にできるカビは、カビ取りハイターなど特殊な洗剤でないと洗い流しずらいですよね。それと一緒で、ただ体を洗うだけでは真菌を死滅させれません。しかも細菌は洗い流せるため、カンジダ菌と敵対する細菌だけ流れてしまえばカンジダは勢力を広げやすくなってしまいます。そんなリスクを回避し、真菌を洗い流せるのがファンガソープEXです。

普通の石鹸やボディーソープはダメ!カンジダ菌(真菌)を殺菌し洗い流してくれる専用ソープを使いましょう。

→ ファンガソープEXはこちら

 

ファンガソープEXに配合されてるのは、カビ取りハイターのように刺激的な成分ではありません。配合されてるのは、ティーツリーオイルです。ティーツリーオイルはオーストラリアの原住民であるアボリジニーが昔から愛してきた成分です。1920年に臨床実験で高い抗菌、殺菌効果が立証され、現在は歯磨き粉やシャンプー、石鹸など様々な製品に利用されています。そして、カンジダを含むトラブルがある50人にティーツリーオイルを利用させた所、49人に症状の改善が見られました。

 

ファンガソープEXはティーツリーオイルで殺菌し、シアバターで炎症を抑えてくれます。男性カンジダ性亀頭包皮炎は赤みが出てきたり、皮膚が乾燥してしまう場合もあるのでシアバターで肌の傷みを和らげれば患部が楽になりやすいでしよう。

 

ファンガソープEXは、ビューティーアンドヘルスリサーチだと1ボトル2780円です。定期購入だと5%オフになります。カンジダの再発防止のために、定期的に利用していくのも良いですよ。また、こちらもラミシールやロテュリミンAFと同様、薬局やドラッグストアで購入できるとの情報はありません。Amazonだと約3100円で商品が購入できますが、ヤフーショッピングと楽天にはファンガソープEXの取り扱いはありませんでした。ファンガソープと同じ商品名で似た商品が楽天で売ってますが、ファンガソープEXと成分が少し違います。ファンガソープEXはドクターズチョイスと英語で書いてあり、黒っぽいボトルに白と緑のラベルなので買う時は注意しましょう。

 

ドクターズチョイスのファンガソープEXの口コミでは、かゆみが収まって乾燥しなくなったとの声があります。また、手荒れがなくなった、病院を変えても薬を変えてもダメだった湿疹の赤みが1週間で改善したなどの口コミがありました。ファンガソープEXはカンジダだけでなく、いんきんたむしや水虫などにも利用できます。また、性器、手、顔など体のどこでも利用できますし、男性も女性も利用できます。家に置いておいて家族みんなで利用するなど、使い道は広いです。

 

ラミシールとロテュリミンAFはどう使い分けるべき?

 

ラミシールもロテュリミンAFも真菌対策のための薬であり、処方箋なしで購入できます。では結局、どちらを利用すれば良いのかと迷ったら、ラミシールはカンジダ以外の水虫やいんきんたむしに利用し、男性カンジダ性亀頭包皮炎はロテュリミンAFを利用すると良いでしょう。
男性カンジダ性亀頭包皮炎しかトラブルがなければロテュリミンAFで良しですし、男性カンジダ性亀頭包皮炎だけでなく水虫にも悩むならラミシールを買えば良しです。ロテュリミンAFはカンジダだけでなく、水虫やいんきんたむしにも利用できます。しかしカンジダ菌に特化し、よりカンジダに強力にアプローチできます。それでもビューティーアンドヘルスリサーチではなく、別の通販サイトでは「カンジダやいんきんたむし、水虫に」と売り出されてる時もあるため、厳密にはカンジダ専用ではありません。つまり、男性カンジダ性亀頭包皮炎をメインに治すか、水虫やいんきんたむしをメインに治すかで商品を選べば良いのです。

 

または、ロテュリミンAFよりもラミシールの方が安いので、まずはラミシールを試して効かなければロテュリミンAFにしても良いでしょうし、家族みんなの常備薬としてラミシールを家に置いておくのも良しです。
そして、カンジダ、水虫、いんきんたむしなど真菌のための塗り薬とは別にファンガソープEXを利用しておくと尚良しです。

 

ラミシール、ファンガソープEX、ファンガソープEXに偽物はある?

 

ラミシール、ファンガソープEX、ファンガソープEXはどれも日本のドラッグストアや薬局に売ってる物ではなく、通販でも買えるサイトは限られています。また、どの商品もアメリカ製なので、偽物が日本にあるのではと心配される人もいるでしょう。
確かに輸入品だと偽物が市場に出回ってると噂される事も多いのですが、今の所はどの商品も偽物を買ってしまったとの体験談はインターネットにありませんし、偽物が出回ってるとの情報もありません。しかし、水面下でいつどのように偽物が出回ってるかは誰も分からないため、偽物情報には気を付けた方が良いです。そして、信用できるサイトで購入するのが1番安全です。

 

ラミシールやロテュリミンAFよりもすごい「正規品のファンガクリーム」は天然成分で90日間全額返金保証つき!

 

カンジダ再発を防ぐために

 

カンジダは再発しやすいと何回も書いてきました。

 

実際に、男性が亀頭包皮炎の薬を塗っている間はカンジダが収まったけども塗るのを辞めたらすぐに再発したと悩む男性が複数人いるのがインターネットの体験談から分かってます。

 

皮膚にしつこく根付いてるカンジダ菌だからこそ再発しやすいので、カンジダ菌が繁殖しにくい環境を作っていくのが再発防止です。そのためには、通常の石鹸でゴシゴシと洗い過ぎないこと(お湯で軽く洗う程度、又は、専用のファンガソープEXを使用)、通気性が良い下着を見に付ける、尿や精子などが付着したままにならないようにするなど日々のケアが必要です。

 

また、カンジダは免疫力の低下から発症しやすくなるので、ストレスを溜めない、風邪を引かないなど体調管理をする、ストレスをため過ぎず発散する、食生活に気を付けるなどできる限り体に良い習慣を見に付けるようにしましょう。

 

さらに女性からカンジダをもらったり、女性に感染させないためにパートナーとファンガソープEXを利用するなど、カンジダ予防グッズを取り入れて行くのも良いですよ。亀頭包皮炎の男性と性行為をしたら最悪だったと声を漏らす女性も多いため、カンジダは早めに治して再発防止を心がけましょうね。

 

ファンガクリームの購入はこちら

 

正規品ファンガクリームの購入はビューティーアンドヘルスリサーチからがおすすめです。ファンガクリームのメーカーはドクターズチョイス。

 

ビューティーアンドヘルスリサーチはドクターズチョイスの正規販売店ですので確実本物を購入することが出来ます。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加 
更新履歴